Airblockの操作方法

Airblockのコントローラーの操作方法の画面の出し方です。


同梱されていた日本語版マニュアルには、コントローラーの説明はありませんでした。
ググっても情報がないようでしたので、メモとしときます

アプリの中にチュートリアルとしてコントローラーの取説があります。

アプリを立ち上げ、右上に表示される、ハンバーガーメニューをタップすると「チュートリアル」と表示されます。


このチュートリアルをタップするとコントローラーの説明画面を見ることができます。


飛ばす前に、「調整」をタップして水平を調節するといいようです。


電源ボタン


着陸をタップすると数秒後に着陸します。


左のコントローラーの説明
右折、左折はまだ操作感を感じていませんWW


右のコントローラーの説明
水平移動、前後左右です。

ぼくは、室内でドローンモードで練習中です。
なかなか、思うように飛ばせず、
飛行→激突→分解→組立て→飛行
を繰り返していますww

Airblockは、バラバラになっても、再度組立てればいいので、激突しても問題ありません。
あるあるとして、プロペラが外れ床を探しても見つからない時があり、洋服タンスの上で発見!
飛ばされて、高い位置にある場合があります。

同胞されているデコレーションシールは、粘着力が弱く、すぐに剥がれました。
ホント、すぐ剥がれますので貼らなくてもいいぐらいです。

Airblockをドローンとして飛ばす場合、200g以下で規制対象外です。
ただし公園で飛ばす場合は、各自治体の条例等を確認してからにした方がいいようです。

一般的なトイドローンと比較してAirblockの外観は大きいので、通報される可能性が高いような気がしています。

◎関連リンク
AV Watch「組み立てられるドローン「Airblock」、ホバークラフトにも変形。プログラミング教育に活用」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です